重粒子線外来のご案内

重粒子線外来について

この度、重粒子線治療に関しまして、当院でも群馬大学重粒子線医学研究センター中野隆史教授の面談が行えることとなりました。  
詳しくは、「群馬大学重粒子線医学研究センター」のページをご参照ください。  
      国立大学法人 群馬大学
重粒子線医学研究センター長
中野 隆史

がん治療における重粒子線


がんの治療法には、大きく分けて手術療法、薬物療法、放射線療法の3つがあります。放射線療法は手術療法と同じく、がんを局所的(がんであると明確にわかるところのみ)に治療する手段です。全身にがんがちらばっているような場合や、がんのある場所がはっきりと特定できないときには、あまり適切な治療になりません。 放射線療法は通常の放射線治療、粒子線治療の2つに分類されますが、重粒子線治療は粒子線治療の1つです。


 放射線療法の分類
  • 通常の放射線治療(エックス線、ガンマ線など)
  • 粒子線治療(重粒子線、陽子線など)


重粒子線治療の適応となる疾患

重粒子線治療の適応となる疾患につきましては群馬大学重粒子医学研究センター
「重粒子線治療の適応となる疾患」ページをご参照ください。


重粒子線治療の流れ

  1. 診察時、主治医の先生に、重粒子線治療の希望をお伝えいただき、中野教授との面談の予約を取らせていただきます。
  2. 中野教授との面談を行います。
  3. 適応を確認して、群馬大学重粒子線医学研究センターにて治療スタート


重粒子線治療の相談

名称 費用 曜日 時間 
重粒子線治療の相談 31,500円 水曜日 13:00〜14:00 


※教授の予定により、やむを得ず直前に予約延期になることがございますが、ご了承お願い致します。

資料提供:群馬大学重粒子線医学研究センター