院長ごあいさつ、理念・基本方針


 院長ごあいさつ



特定医療法人博仁会
第一病院 院長

佐藤 和徳
sato kazunori

心かよう地域医療をめざして

 当院は昭和27年高崎市上和田町に中央外科医院を開設、昭和39年現在の地に第一病院として移転いたしました。
 その後、日進月歩の医療態勢に対処すべく改装・改善を試み、新鋭医療設備を整え、地域医療奉仕の精神に職員一同燃えており、皆様に愛される病院を目指し24時間がんばっております。
 私たちの奉仕精神・愛情そして最新の技術に対する情熱は、誰にも負けないと確信しております。
 皆様にはより一層のご支援を仰ぎながら、安心してご来院いただける病院へと努力を続けてまいりたいと思います。

 第一病院の理念

一、患者さんを大切にして、 信頼される全人的医療を目指します。

二、地域医療に密着した、手作りの医療小回りの利く医療を目指します。

三、救急医療などで高度医療の実践を目指します。

四、予防、治療、機能回復(リハビリ)までの一貫した医療を目指します。

五、医療人としての倫理観にもとづく高い志で、患者さん及び家族との関係を維持した心の通った医療サービスを目指します。


 第一病院の基本方針

一、3F精神

Familiar 家族的に接しよう
Footwork 仕事は足を使ってしよう
Face to Face 患者さん、従業員間の連絡は直接伝えよう

二、医療事故、院内感染を防止しよう

三、急病への迅速かつ質の高い対応をしよう


  患者さんの権利

一、個人として常にその人権が尊重される権利を有します。

二、良質な医療を平等に受ける権利を有します。

三、患者さんは受けている医療について知る権利を有します。

四、患者さんは受ける医療の十分な説明を受け、自ら決定する権利を有します。

五、個人的情報の秘密が守られる権利を有します。