KM-CARTについて

癌性腹水や、肝性腹水(肝硬変による腹水)などの難治性腹水は患者さんを苦しめます。

 腹水を抜くとその中の蛋白まで失い、結果として患者さんの衰弱が進むため、これまで一般的には「腹水が貯まってもできるだけ我慢させ、腹水を抜くのは最後の手段」と言われていました。しかし腹水による腹部膨満は、呼吸困難、食欲低下や嘔気・嘔吐をきたすばかりではなく、全身倦怠や不眠、絶望感や不安などの症状の原因にもなります。


CART(腹水濾過濃縮再静注法)普及のため使いやすく改良したKM-CART

 CARTは、腹水を体外に取り出して濾過濃縮し、患者さんに再静注する一連の処理のことで、30年前に保険適応となり、これまで主に肝性腹水に対して施行されてきました。癌性腹水に対してこれを行うと、腹水中の細胞成分が多い為、濾過器が目詰まりを起こし、すぐに濾過が出来なくなるので事実上施行不可能でした。

 ところが近年、新しい方式が開発されこの問題が解決されました。従来方式の改良により、癌性の細胞の多い腹水も濾過再静注ができるようになったのです。
この改良式のCARTをKM-CARTと呼び,2012年5月には厚労省に認可されました。

 

 1回の治療で、腹水を抜けるだけ抜き取ります。当院では今まで最大で約10Lの腹水を治療しました。


KM-CARTの治療効果

 お腹を小さくすることにより、苦しさが和らぎ、足の浮腫がとれ、楽に動け、内臓の圧迫がとれ、食事が食べられ、尿の出がよくなる、などの効果が期待されています。根本的な治療ではないため腹水は再び溜まりますが、繰り返して行うことができます。体調を良くして、その後の抗がん治療につなげることもできます。



適応は、肝性・癌性を問わず、すべての難治性腹水です。

 博仁会 第一病院では、CART研究会主催の臨床研修にてKM-CART開発者松崎圭祐先生に指導をうけKM-CARTを開始しました。
CART研究会より2014年9月には施設認定を受けています。胸水を伴う場合は腹水と同時に抜いて、一緒に濾過再静注することも可能です。


難治性腹水でお困りの患者さんのお役に立ちたいと考えています。

 1. 027-362-1811へご連絡いただき、予約を取らせていただきます。
 2. 外来にて、ご説明させていただき入院の予約を取らせていただきます。
 3. 入院中にKM-CART治療を行います。
※KM-CARTは保険適用の治療です。
※標準的には2泊3日の入院で行います。


ご予約・お問い合わせ
   027-362-1811(代表)